top of page

パリ2024オリンピック・パラリンピック競技大会壮行会を実施しました。



2024年7月4日(木)に筑波大学会館ホールにて、パリ2024オリンピック・パラリンピック競技大会壮行会を実施しました。


これまでのオリンピック・パラリンピックでは、筑波大学からは多くのメダリスト、コーチ、競技関係者を輩出し、ドクターなどの医療関係者も派遣してきました。


パリ大会では、7月4日時点で候補者含め32名の選手が本学関係者から出場します。また、役員や競技関係者、医療関係者なども含めると90名以上がパリ2024へと参加する予定です。




壮行会当日は、学内外から150名以上の方にご参加いただき、大盛況の中スタートしました。


会の序盤では永田 恭介 筑波大学学長、ニコラ・ティリエ(Nicolas Thiriet) 駐日フランス大使館公使、五十嵐 立青 つくば市長にご登壇いただき、エールを送っていただきました。


(左から永田 恭介 学長、二コラ・ティリエ 駐日フランス大使館公使、五十嵐 立青 つくば市長)


そして、出場選手を代表し、榎本 遼香 選手(水泳/飛込)、高橋 利恵子 選手(ゴールボール女子)、永瀬 貴規 選手(柔道男子81kg級)、森 秋彩 選手(スポーツクライミング女子複合)が参加、壇上からパリ大会への志を語っていただきました。


(榎本 遼香 選手 水泳/飛込)


(高橋 利恵子 選手 ゴールボール)


(永瀬 貴規 選手 柔道)


(森 秋彩 選手 スポーツクライミング)


また、梶原 悠未 選手(自転車/トラック)、清家 貴子 選手・南 萌華 選手・千葉 玲海菜 選手(女子サッカー)、木村 敬一 選手(パラ水泳)、天摩 由貴 選手・萩原 由佳 選手・安室 早姫 選手(ゴールボール女子)の抱負もメッセージビデオで上映されました。


更に、オリンピック競技大会日本選手団団長である尾縣 貢 さん(本学体育系教授)、本学卒業生でアテネオリンピック・北京オリンピック柔道女子にて金メダルを獲得した日本選手団副団長の谷本 歩実 さん、柔道女子日本代表監督の増地 克之 さん(本学体育系教授)にもご登壇いただき、大会に向けた決意を語っていただきました。


(左から、尾縣 貢 団長、谷本 歩実 副団長、増地 克之 柔道女子日本代表監督)



6月中に図書館や附属病院などの学内各所にて学生・職員の皆様にご記入いただいた応援メッセージ寄せ書きのぼりが披露され、思い思いのイラストやメッセージが選手の元へと届きました。




また、学内外から集まった応援メッセージ動画が上映され、附属病院の皆さんや附属視覚特別支援学校の皆さん、体育専門学群生にはおなじみのお弁当屋さんなどのエールで選手を後押ししました。


会の終盤では筑波大学応援部WINSによるパフォーマンスが披露され、総勢200名越えで筑波大学宣揚歌「桐の葉」を合唱し、オールTSUKUBAで選手を送り出しました。





パリオリンピックは7月26日(金)、パリパラリンピックは8月28(水)に開幕予定です。



 

また、壮行会中に案内しましたオリンピック出場選手情報に一部誤りがございました。お詫びして訂正申し上げます。

正しくは以下の通りになります。


〇パリ2024オリンピック 出場選手

陸上競技男子100m 東田 旺洋

関彰商事株式会社 人間総合科学学術院 人間総合科学研究群 体育学学位プログラム修了


陸上競技男子200m 鵜澤 飛羽

筑波大学体育専門学群4年

Comments


bottom of page